相続放棄 書類

  • 相続を司法書士に依頼するメリット

    その他にも、相続放棄を家庭裁判所に申述する際の書類作成や相続人や相続財産を確定するために行う資料収集などご依頼者様のお力となれる司法書士の業務は数多く存在しています。 以上を踏まえると、相続財産に不動産が含まれており、相続人の間で遺言書の有効性や遺産の分割方法をめぐって争いがない場合には、司法書士への相談が大きな...

  • 自分で相続手続きをするとこんなに大変

    相続放棄を法律の専門家に依頼せずに自分の力で行おうとした場合には、多くの負担がかかります。こちらでは、相続における一連の手続きにおいて相続人にかかる負担を、いくつかの段階に分けてご紹介いたします。 ■戸籍の取得まず、遺産の相続においては相続人の範囲を確定させることが非常に重要です。仮に、相続人の確認の際に漏れがあ...

  • 相続放棄とは

    相続放棄とは、相続人が被相続人の財産の相続を望まない場合遺産を一切相続しないことを指します。相続放棄を行うためには、相続の開始を知ってから原則3カ月以内に家庭裁判所へ申述を行うことが必要です。相続放棄を行うケースは、主に2点考えられます。 1点目は、相続する予定の財産のうち、マイナスの財産がプラスの財産を上回って...

  • 不動産の相続登記(不動産の名義変更)

    そして、それぞれの場合で指定された書類を提出したあと、登記完了証・登記識別情報通知書を受け取り、相続登記が完了します。 赤瀬司法書士事務所では、大阪府吹田市を中心に、大阪府全域、全国を対象として「債務の整理」「相続」等を専門としてご相談を承っております。丁寧な相談対応と豊富な専門的知識で迅速な問題解決に尽力いたし...

  • 遺産分割協議書作成

    この際、書類に記すことで、対外的に財産の権利者であることを証明することが可能となります。 3点目は、相続の手続きを進めるということです。不動産や預貯金、証券といった財産の名義変更を行う際には、遺産分割協議書の提示を求められることがあります。実際に、手続きを進めていく際にも遺産分割協議書は必要なのです。 以下では、...

  • 相続手続きの流れ

    具体的には、被相続人の財産の一切を相続しない相続放棄、そして借金などのマイナスの財産を上回った分のプラスの財産だけを相続する限定承認を行う際には、3カ月以内に家庭裁判所への申述が必要になります。そのため、相続をするか否かを判断するための材料収集をこの期間の中で行わなければなりません。まず、遺言の有無を確認し、公正...

  • 相続とは

    相続放棄こちらは、一切の遺産の相続を放棄するというものです。プラスの財産もマイナスの財産も相続しないため、債務を負うことはありません。ただし、マイナスの財産を上回る分のプラスの財産がある場合でもそれは受け取ることができないので注意が必要です。 なお、限定承認と相続放棄に関しては、相続の開始を知ってから原則3カ月...

  • 個人再生とは

    地方裁判所に対して個人再生の申立書類を提出します。裁判所は、個人再生委員を選任する場合があります。個人再生委員が選任された場合は、書類や財産の有無を確認し、申立人から提出される計画案に対してアドバイスをします。また、履行テストといって、申立人が本当に返済能力を有するのかを確認する作業が行われます。 3つ目に、個人...

  • 債務整理の相談を司法書士にするメリット

    また、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」というような債務整理の方法を採る場合には裁判所が介入してくるため、裁判所に対して提出する書類準備を行う必要があります。そこで、司法書士が協力して書面準備を行うことで、債務者ご自身の負担が大きく軽減されます。 赤瀬司法書士事務所では、大阪府吹田市を中心に、大阪府全域、全...

  • 債務整理についてよくある質問

    この点、裁判所を介して債務整理を行う、「特定調停」や「個人再生」、「自己破産」などの方法ですと、大量の書類や出頭命令などの通知が自宅に送付されることがあるため、家族にバレてしまう可能性があります。 さらに、任意整理は、債権者との交渉を行う手段ですが、この交渉を専門家に依頼することでより家族にバレる危険性を減少させ...

当事務所が提供する基礎知識Basic knowledge

よく検索されるキーワードKeyword

司法書士紹介Judicial scrivener

大阪司法書士会赤瀬 丈晴(あかせ たけはる)

事務所概要Office Overview

名称 赤瀬司法書士事務所
代表者 赤瀬 丈晴(あかせ たけはる)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
連絡先 TEL:06-6315-0204 / FAX:06-6315-0205
対応時間 平日 9:00~18:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)